株式会社日源商事は、現在のグローバル社会を生き抜くために【多角経営】を推進してまいりました。現在は事業の中でも3つの柱を軸に経営を展開しています。

1つ目の柱は、2010年の創業時より通信機器の販売及びリース業をしています。現在は Wi-Fi 関係のレンタル業をメインに企業、ならびに個人を対象としており、外国の方のご利用が大半を占めています。お陰様で、多くの方にご支援いただいて、順調に運んできました。

2つ目の事業の柱は、2013年不動産会社・資産運用会社を設立しました。
現在は収益物件を中心に管理運営をしています。

創業時より、国際的な会社経営を目標にグローバルの厳しい環境の中で競争力の維持に努めて来ました。

私が特に大事にしていることは「夢を持ち、いつでも学びの心を持ち、独立心を育む」

個人も事業も成長のためにはこれを繰り返すことが必要だと考えています。

社員教育においても、上記の理念を大切に伝えるようにし、一人一人が個人の夢や学びの心そして自身で考え行動する独立心を持って日々仕事に当たってもらっています。

また、その心を育むために入社後すぐに半年間の海外研修をさせることで、日本の強み・弱もを身を以て体験してもらっています。

そんな思いを持って、2018年より海外にて新たな事業に再び挑戦しました。それが第3の事業の柱です。

海外個人用航空機の市場を研究し、海外での個人用航空機製造販売・免許訓練学校の運営を行なっております。将来的には中国の一般航空業界でAlibabaになること。同社の時価総額は500億元に達すると予想しています。

今後ともこの3つの柱を経営の軸とし、多角経営の日源商事の立ち位置を確立してまいります。

PAGE TOP
;