留学を考えてる人向け!?留学先に日本の東京を選ぶべき点まとめ

 

日本の首都東京(Tokyo)は近代的な国際都市で、23区に分けられています。人口は日本の行政区のトップで、1200万人以上に達しています。経済の発展に伴い、東京都内に住む外国人は最高50万人に達しています。中国人の比率は38.8%を占めています。

 

日本の東京を留学先に選ぶ前に東京の情報を知ろう!

 

東京は近くの千葉、埼玉、神奈川と共に日本の最大の都市圏を構成しています。鉄道や道路は東京を中心に各地に放射状を示し、東京は日本経済、商業、金融センターであり、日本最大の工業都市であり、全国の主要企業がここに集まっています。

資本金は50億円以上の会社で、90%は東京に集中しており、留学生の卒業後の就職に大量のチャンスを提供しています。

 

日本留学先について東京を選ぶとどんなメリット

 

日本留学先について東京を選ぶとどんなメリットがありますか?

1、歩きやすいということは、ビザ率が高いということです。日本では毎年100万人の留学生を募集する計画があります。この大前提の下で、日本に留学する潜在力が高く、日本に留学するのは容易で、しかも安心です。

2、学費が安く済む。日本に留学すると授業料が免除される確率が高く、国立大学では約90%の留学生の学費が免除されます。公立大学では約50%免除です。

3、日本の奨学金の種類が多く、245項に達しました。日本に留学するのは他の国に比べてお金が一番安いです。日本は安くクオリティーの高い留学先としては天国です。

4、学校の選択肢が多いです。日本の大学受験の方式は多様で、留学のために多くの機会を提供しています。試験の方法は多く選択の余地があります。日本に留学するのは自分のレベル、特技、好きな大学を選ぶことができます。多様化した試験は偏向科や大試験の心理状態が不安定でミスをしやすい留学生に成功のチャンスを与えてくれます。

5.東京物価が比較的高いですが、アルバイトの選択支はもっと多いです。留学生のアルバイトは言語能力が多少拙くても合格し働けます。語学力が流暢なほど、仕事を見つけやすくなります。もちろん給料も高くなります。東京には大量の飲食業と販売業があります。これらの仕事は留学生に日本語の練習環境として素晴らしいです。

東京の各大学の留学生の割合は図の通りです。

東京の各大学の留学生の割合は図の通りです。

東京の各大学の留学生の割合は図の通りです。

各国の留学生数の比較

留学生の就職情報

留学生の就職情報

日本で働く外国人の数は、年々増えています。近年はパナソニック、ユニクロ(ユニクロ)、楽天など日本を代表する大企業が、積極的に外国人留学生を採用し始めました。

日本で働きたい外国人にとって就職の機会が多いです。
留学に関する手続きについては、詳しくは日源商事に相談してください。

関連記事

  1. 中国への海外送金サービス

  2. 日本で信頼できる行政書士は日源商事にあります!

    日本で信頼できる行政書士は日源商事にあります!

  3. レンタルWiFiの便利さとよくある質問

    FREE WiFiの危険性に関して

  4. 中国研修生におすすめ!?日本の観光地

    中国研修生におすすめ!?日本の観光地まとめ

  5. 中国と日本の経済の架け橋日源商事

    2021年の不動産市場の行方はどうなる?

  6. 携帯料金の安くお得に節約

    工事が必要なWi-Fi(無線LAN)か工事不要Wi-Fiはど…

PAGE TOP
;