FREE WiFiの危険性に関して

レンタルWiFiの便利さとよくある質問

 

現在の日本では、お店やいろんな施設などで無料WIFIを提供しているところが多くなってきました。
街に行けば、WIFIルーターを持っていなくても、各WIFI対応のデバイスさえあれば、インターネットを使うことができます.
そんな無料WIFIは利用するのは便利ですが、危険性もあります。

 

1.FREE WIFIとは

各施設などで提供される無料インターネットと言います。
電波が届く範囲内であれば、パソコンやスマホなどWIFIに対応できる機器であれば、
誰でも無料でインターネットをご利用することができます。

 

2.FREE WIFIのメリット

① 様々な場所で無料WIFIネットワークが提供されております。
各デバイスさえを持っていれば、誰でも無料インターネットを利用できます、とても便利です。

② お店にも、WIFIが使えるかどうかという条件が入って検索するお客様が多くなってきました。
お仕事の休憩中にインターネットを使いたいなと思っていますお客様がたくさんいらっしゃいます。
食事の時に注文並びでお待ちしますお客様がいらっしゃいますと思います。そんなときでも無料WIFIを提供していれば、お客様が待っている時間を潰せます。
C.外出仕事で、たくさんデータなど送信したり、画像などブログアップしたりして、そんな時、お店で無料WIFIも利用してもらうなんて、とても快適です。

 

2.FREE WIFI のデメリット

①暗号強度が弱い
FREE WIFI、いわゆる公衆WIFIで、誰でも簡単にインターネットをつなげます。

②通信内容の盗聴
会員登録なしでも簡単にFREE WIFIを接続することもできますことで、
ネットバンクで入力した口座番号やパスワードなど、ネットサイドの買い物でクレジットカードを使って、支払うこともあります。
このような操作を行う時に、個人情報が盗み見される恐れがあります。
また、今後FREE WIFIを使って情報漏れや犯罪など絶対増えます。

③ FREE WIFIに接続し、ウイルスの感染
ウイルスに感染するのは皆さまが通信操作の途中で、ネットで感染することはほとんどありませんが、
接続先のサイドやメールで送りこまれることで感染することが多いです。
気づかずに変なWIFIに接続することもあります。
無料WIFIは便利ですが、共に危険も付きます。
有料WIFIはあくまでもレンタルなので、紛失や盗難にあった料金を支払わなければなりませんが、
弊社が提供するサービスは1日単位でもレンタル可能で、432円(税込)です。
一か月ブランでの2980円(税込)になります。
毎月50G容量を制限されていますが、エリアの確認必要なしです。

1.有料WIFIはなぜ有料?有料WIFIはセキュリティが付いています。

それで情報漏れやウイルス感染などリスクも付きます。
無料WIFIは暗号化されていないため、外部から接続情報が丸見えます。
有料のセキュリティーで通信を暗号化してくれるので、安心できます。
また無線WIFは多く人に接続され、通信速度がとても遅い場合もあります。

2.有料WIFIを利用すると、不正アクセスなどしなくて、個人情報の取り抜くことも回避できます。

有料WIFIは絶対安全ではありませんが、
ある程度の危険やリスクを回避することができますと思います。

 

日源商事のアマゾン販売・リースページ

 

関連記事

  1. 日本で信頼できる行政書士は日源商事にあります!

    日本で信頼できる行政書士は日源商事にあります!

  2. Wi-Fi回線スピードと用量の見分け方

    Wi-Fi回線のスピードと使用用量の見分け方

  3. 中国研修生におすすめ!?日本の観光地

    中国研修生におすすめ!?日本の観光地まとめ

  4. テレワークWiFiは、東京都事業継続緊急対策(テレワーク)助成金対象となります。

    テレワークWi-Fiは、東京都事業継続緊急対策(テレワーク)…

  5. 新しい生活様式であるリモートワークをレンタルWi-Fi・ネット環境で応援!

    新しい生活様式であるリモートワークをレンタルWi-Fi・ネッ…

  6. 海外郵送は、白鳥物流にお任せ!

PAGE TOP
;