訪日外国人への民泊ビジネス 顧客満足度の鍵を握る レンタルWi-Fi

 

2020年の東京オリンピック・パラリンピックまであと1年。
東京オリンピック・パラリンピック競技大会開催にむけ政府として訪日外国人観光客の受け入れ態勢を強化し、観光立国を目指す「観光立国推進基本計画」が閣議決定されますます外国人旅行者が増加していくと思われます。

 

増々訪日外国人観光客が増えるのに、ホテル・旅館等が不足

 

2020年に訪日外国人旅行者数を4,000万人、訪日外国人消費額を8兆円にするという目標が掲げられました。この目標を達成させるために政府としてもいろいろな施策を設け訪日外国人観光客の増加を図っていきます。
大まかなものとして

  1.  国際競争力の高い。魅力ある観光地域の形成
  2. 観光産業の国際競争力の強化及び観光の振興に寄与する人材の育成
  3.  国際観光の振興
  4. 観光旅行の促進のための観光の整備

ということです。

これにより、増々訪日外国人観光客が増えるくる見込みです。
その増加する訪日外国人観光客を受け入れるためのホテル・旅館等が不足しており、東京オリンピック・パラリンピックの際の報道者が宿泊する施設が不足していると言われ宿泊施設の不足はかなり深刻で、早急の対策が必要と言われています。

 

訪日外国人観光客の救世主!?民泊ビジネス

 

その中で注目を集めているのが民泊ビジネスです。
2018年6月に住宅宿泊事業法が施行され、それまで旅館業法等からみてグレーであった民泊を法の下に整備されました。
現在、当初の見込みよりは届出数は増えていませんが不動産投資や副業の一選択肢として、注目されており、ビジネスチャンスはまだまだあります。
民泊運営で課題となってくるのが、ゲストの方の満足度を上げAirbnb等での評価を上げるということです。
他の民泊施設と差別化することによりゲストを獲得するということです。
その中で今回考えていきたいのがWi-Fiについてです。

 

訪日外国人への民泊ビジネス 顧客満足度の鍵を握る レンタルWi-Fi

 

現在、みなさんも海外旅行に行く際はWi-Fiレンタルを手配して行かれる方が多いと思います。ここ数年でLINE等のメッセンジャーアプリの発達により海外旅行の際はWi-Fi環境さえあれば無料で通話ができ、国際ローミングを使って通話をする人はほとんどいなくなりました。また、SNSの発達によりInstagramやFacebookに旅行に行った際の観光地等を写真を撮影してアップするのがスタンダードになっています。さらにgooglemap等地図アプリの発達により旅行先の目的地に地図アプリを利用し地図を持ち歩くというのも少なくなりました。

そういった背景によりWi-Fiの需要が高まっています。高まっているというか必要不可欠になっています。実際、訪日外国人観光客の不満点の多くがWi-Fi環境の不足となっています。また、民泊ゲスト募集で一番メジャーなAirbnbでもWi-Fi環境が整備されているかといチェックボックスがあり、Wi-Fi環境が整備されていないのは民泊運営で圧倒的な致命傷になりえます。

 

費用を抑えて、契約期間の縛りがないレンタルWi-Fiがおすすめ

 

そうなってくると必然的にWi-Fi環境を導入しなくては、となってくるのですがちょっと待ってください。どこで契約しますか?
キャリアショップで契約をしていいのでしょうか?

もちろんそれでもことは足ります。しかし、住宅宿泊事業では年間の営業日数の上限が180日と定められており、1年の半分は民泊営業ができません。ですから、閑散期は1ヶ月単位で開店休業状態にしなくてはならなくなります。その期間もWi-Fiの月額料金を支払うのはちょっともったいないですよね。キャリアで契約をすると2~3年の契約期間の縛りもあり途中で解約すると違約金がかかってしまいますので余計の出費がかさみます。少しでも出費は抑えたいところですよね。これらの対策として検討したいのがレンタルWi-Fiです。

キャリアショップ等でWi-Fi端末を購入して通信契約をするのではなく、日単位、週単位、月単位でのレンタルが可能なものです。
まず、レンタルWi-Fiですので、端末代はかかりませんので端末代の分割金もありません。これであれば、閑散期の利用しない期間は返してしまえば費用はかかりません。また、利用の状況によりプランを変えたりすることができるため、前のゲストが使いすぎたため通信制限がかかってしまって次のゲストが全く使いものにならずクレームになることもありません。

また、Wi-Fiは建物の構造や立地条件により届く場所と届かない場所がありますので、一度試しに借りて試すことも可能です。たまにですが、折角Wi-Fiを設置したのに建物の立地状況で室内でWi-Fiが使えずクレームになるケースもあるため確認は必須だと思います。サービスのつもりがクレームのもとになってしまっては元も子もありません。これらのクレームが発生してしまうと評価が下がってしまいますので、ここは折角お金をだして設置するので慎重にしたいですね。ただ、これさえしっかりとしているだけでゲストの満足度は上がると思います。

 

民泊利用者への費用対効果が強いレンタルWi-Fi

 

今後、訪日外国人観光客の数が増え民泊利用者は確実に増えていくと思われます。
その際にどれだけのゲストを効率的に獲得できるかが重要になってきます。
そのときに評価が少しでも高くなっていること必要です。
今後もWi-Fi環境は最低限必要になってきますので、レンタルWi-Fiの導入を検討される事をおすすめします。
民泊営業で沢山の利益がでるようお祈りしています。

 

日源商事のアマゾン販売・リースページ

 

関連記事

  1. 危険を理解してフリーWi-Fiを利用しよう

    危険を理解してフリーWi-Fiを利用しよう

  2. 携帯料金の安くお得に節約

    工事が必要なWi-Fi(無線LAN)か工事不要Wi-Fiはど…

  3. 携帯料金の安くお得に節約

    お得に携帯料金を安く・節約しよう!

  4. 携帯料金の安くお得に節約

    ポケットwifiは旅行の必需品

  5. レンタルWiFiの便利さとよくある質問

    FREE WiFiの危険性に関して

  6. 中国への海外送金サービス

PAGE TOP
;